被災地援助のおねがい

| コメント(8) | トラックバック(0)

園田茂雄(1期生)です。 いつも、ありがとうございます。 この度の激甚災害である東北関東大震災、皆様に置かれましては、 お怪我などございませんでしたでしょうか? ご承知の通り、東北を中心に多くの貴重な人命が失われただけでなく、 家族の安否を案じながら、寒さに凍え、 食べ物もなく、お風呂はおろか、 下着や衣料の替えもなく、不安の中で避難生活を送っておらる方々が 40〜50 万人もおられます。私自身、繊維業界で育てていただきまし たが、少なからず東北地方の縫製業の方々にも支え られて参りました。 少しでも現在お困りの方々のお力になるべく、物資を集め、現地にお届 けする事に決めました。 つきましては、誠に勝手なお願いではありますが、皆様からご援助を お願いで来ませんでしょうか? 衣料、靴下、靴、下着、繊維関連物資はもちろんの事、日持ちのする食 糧、おむつや粉ミルク、生理用品など、どん な物でも構いません。また、 皆さんのお心を義援金と言う形でも構いません。ご援助をお願いで来ま せんでしょうか。 以下は私の友人が、昨日、物資を現地に運んだ際のメールです。 「5つの小学校を廻り、物資を配りました。Hさんが用意してくださった粉 ミルクを若いお母さんに差し上げたら泣きな がら喜んでくださいました。 先ほどまでコーヒーに入れるクリームを水で薄めて赤ちゃんにあげていた そうです。 ガソリンスタンドは数キロの長蛇の列、半日並んで10リットル。 コンビニは整理券を配って数時間待ってパン1個です。トイレが流せず、 避難している子供たちは夜校庭で用を足し 放置、新聞紙で拭いている。 そんな中おもちゃは喜ばれました。"必要物資"は、粉ミルク、紙おむつ、 おにぎり、日 持ちするパン、新品のポリタンク(水用)、カップめん、ジュー スさらに消毒用のアルコール、下着、靴下、スニーカー などが足りません。 細かいものですとビニール袋やサランラップ、ウエットティッシュ、ポケット カイロ、数ヵ所の避難場所を回り、その場に必要なものをヒアリングし配布 してきました。最後は、対策事務所さんに割り振り をお任せしましたが、 「ボランティアで東京から来ました!」との問いかけに、避難所では本当に 喜んでいただけました。「本当にありがとう!」 と総出で喜んでいただけま した!きっと物資もそうですが、東京から訪ねてきてくれることも力になるの だろうと感じました。 「おむつ」「粉ミルク」「離乳食」「尿漏れパッド」「生理 用品」などは特に必要でした。 あと、「サランラップ」(おにぎり作るため) などが無いともおっしゃっていました。 もちろん、十分な食べ物がないのも 現状です。」(以上、友人メール) 私は、かつて阪神大震災の際には、現地でボランティアで炊き出しを行い ました。 また、新潟の震災の際には、カセットコンロを皆さんに呼び掛け 130台を現地に送りました。 被災地に向かう日程は、レンタカーの手配の都合と及び三連休の混雑、 混乱を避け、22日(火)朝?23日(水)の朝までと致しました。よって、 物資は21日(祝)まで受け付けます。 物資は以下の住所にお送り下さい。 お届けする物資の量は限られますので、お送りいただく前に予め物資の 内容と量をお知らせ下さい。 内容、量を調整させていただく場合がありますので御了承下さい。 但し、都内でも、現在、宅配便の集配が滞っており、可能でしたら、直接、 お持ち込み下さい。 〒106-0047 東京都港区南麻布1-7-31 M-TOWER 401 レインフォレスト株式会社 園田宛 080-3545-3368 お預かりした物資は必ず現地の被災者の方にお届けします。 また、物資に関しましては、今後、車両の手配が出来次第毎週、運ぶ予定 ですので、随時、受け付けます。 まずは、物資の内容、量、お持ち込み方法をメールでお知らせ下さい。 また、大型のワンボックスカー、トラックなどのご提供をお願いできる方がいら っしゃらないか、呼び掛けて頂ければ、ありがたいです。 また、義援金のご援助もお願いします。 (物資の購入、レンタカー代、ガソリン代の一部に充当させていただきます。) 三井住友銀行 六本木支店 普通7262920 名義 園田茂雄 以上、宜しくお願いしますす。 いつも、ありがとうございます。 園田茂雄

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.chikushin.net/mt/mt-tb.cgi/261

Posted by
筑心会同窓会メンバ
at
(2011年3月17日 09:57)
Replay
返信する

園田茂雄メールアドレス
sonoda@me.com

Posted by
筑心会同窓会メンバ
at
(2011年3月18日 08:43)
Replay
返信する

園田です。

様々な方から支援物資の申し出、ありがとうございます。

大人、子供用共に古着のご提供のお申し出が多いのですが、ご遠慮させていただいております。

阪神大震災の際、私も現地でボランティアをさせていただいて感じたことでもありますが、実際には、全国から届く古着や不用品に、選別のためにたくさんの人員を割き、廃棄の為に何千万も浪費し、何より中古品を「恵んでやる」「可哀相な人達なら使うだろ」という姿勢に深く傷ついた被災者が溢れていたことがマスコミでも報じられておりました。

古着を送られた方々は本当に善意で送られたのですが、大事なのは、送る側の視点ではなく、被災された側の視点で、今何が本当に必要かと言う事です。

私も言葉が足らずに申し訳ありませんでした。
一部、アパレル企業様向けにも送信したメールを皆様にもお送りしましたため誤解を招いた事をお詫びします。
実際、アパレル関係の企業様から段ボール単位で防寒ジャケットなどのご提供をいただいております。

現在、刻々と被災地に必要な物は変わっております。

現在の現地からの報告では、紙オムツ、粉ミルク、離乳食、尿漏れパッド、生理用品、飲料、保存のきく食品、それも箱単位、ダース単位で必要としています。

もし、お近くのスーパーで手に入らなければ、是非、義援金をお願いします。

私どもの口座でなくても、赤十字やTV局、お近くのコンビニの募金箱でも構いません。

どうか、ご理解のほど、宜しくお願いします。

いつも、ありがとうございます。

園田茂雄

Posted by
筑心会同窓会メンバ
at
(2011年3月18日 13:50)
Replay
返信する

ご参考
園田先輩を知らない同窓生も当然おられると思います。

女子力アップ レインフォレスト で検索すると
園田先輩のお仕事内容の一部や本人の顔写真まで
確認できますよ!
               4期同窓生より  

Posted by
筑心会同窓会メンバ
at
(2011年3月18日 15:42)
Replay
返信する

筑心会関東支部副支部長の廣津です。筑心会理事も兼任しています。
現在、園田前支部長(筑心会前副会長)のほうへ、義捐金詐欺ではない
かとの問い合わせが相次いでいるそうです。福岡県警からも確認の電話
があったとのこと。
確かに、今回心ない義捐金詐欺もあると聞いておりますが、園田先輩と
は長年お付き合いさせていただいており、阪神大震災のときにボランティ
アに行かれたことも存じております。内田先生もよくご存知の方です。

もちろん、不信に思われる方は、ご支援いただかないほうが良いと思いま
すが、詐欺ではないことを、お知らせしたく書き込みいたました。

Posted by
筑心会同窓会メンバ
at
(2011年3月19日 00:50)
Replay
返信する

現在、筑心会関東支部は、園田先輩を支援しています。ご報告まで。

Posted by
筑心会同窓会メンバ
at
(2011年3月20日 23:31)
Replay
返信する

3期廣津です。本日、1期上原里佳子先輩と息子さん、6期林君、
9期原口君と、園田先輩の事務所で、救援物資のリスト作り(被災地
への通行許可証を取るために必要)、荷造り、車への搬入のお手伝い
に行ってまいりました。物資は、赤ちゃん用ミルク、カップめん、オムツ
(子供用、大人用)、飲料、生理用品、食品用ラップ、ひえぴたシート、
防寒具、衣類、毛布、お菓子、電池、カセット用ガスボンベなどでした。

園田先輩たちは明日晩出発予定です。現在のところ、福島方面の避難所
に向かう予定だとのこと。

救援していただいた方へのご報告は、被災地から帰り次第行いたい
とのことでした。

以上、ご報告まで。

Posted by
筑心会同窓会メンバ
at
(2011年3月22日 00:07)
Replay
返信する

園田先輩が救援活動状況を、ツイッターで
報告されるとのこと。

「Alain2039」か「Shigeo Sonoda」
で検索してください。

Posted by
筑心会同窓会メンバ
at
(2011年3月23日 09:53)
Replay
返信する

1期園田です。
午前2時に自宅に着きました。物資、義援金をご提供して頂いた皆さん、
筑心会、教育文化振興会、964.8km走ったハチドリ号、ありがとう。被災
地の皆さんに一日も早く笑顔が戻るよう、私達ハチドリの小さな口ばし
で、愛を送り届けます。

皆さん、本当にありがとう。
現地は予想以上に凄まじく、津波被害に襲われた地区はどこも戦場の様で
した。
実際に家を流され、二階にいて助かったという被災者の方ともお話しまし
たが、何と声を掛けて良いかわかりませんでしたが、来ていただいてあり
がとうと逆に声を掛けていただきました。復興には時間がかかるでしょう
し、この復興は私たちひとりひとりの課題でもある様に思います。どうぞ
これからも共にひとつになって、この復興に取り組んでいきましょう。

いつも、ありがとう。

感謝の気持ちを込めて。

コメントする

 

カテゴリ